「季節」の記事一覧

冬が長く夏が短い地域で生活していると冷房がキツく感じてしまいます

私の住む地域は冬が長くて夏が短い地域です。

1年のうち、夏はハッキリ言って6月中旬から~9月中旬までだと思っています。

これだと約3ヶ月しか夏っぽい気候が無い事になりますね。

春が4月~5月の2ヶ月で、秋は短くて9月中旬~10月いっぱいまでだとすると、11~3月までの丸々5ヶ月が冬と言う事になります。

この冬がですね、極寒なんですよね。

普通に朝の最低気温が-10℃とか行くので、寒い季節を耐える方が気が楽になっているのは確かです。

夏場の最低気温も、どんなに日中酷暑日の35℃な気温になっていたとしても20℃前後まで気温が下がるので、冷房を持っていないと言うお宅もまだまだ存在している位なのです。

そんな風に冷房に慣れていない地域の人が、うっかりと言うか用事で東京に赴いたりすると、色んな所と言うかありとあらゆるところでかなりキツい冷房がかかっているので、体調をよく崩してしまうんですよね。

特にキツいな~と感じるのがデパートの冷房で、冷房の吹き出し口の下に買いたいものが陳列されていたりすると、その下でしばらく悩まなければならなかったりして寒くなって来て、慌ててトイレに駆け込む!(お腹を壊してしまいます)と言う事が、幾度となく起きていますね。

なので、東京方面に出かける時で冷房のかかっている所に長時間いなければならない時はいつも、薄手の羽織を1枚持参して、それを着て滞在する様にしているのです。

多分東京に住んでいる人はこれ位の冷房は常時体感し続けているから慣れてしまっているのかも知れませんが、たまにしか冷房を浴びない人種の人にはかなりキツい修行の様に感じてならないのです。

ただ、夜になると凄い蒸し暑くて眠れないので、その時ばかりは冷房が苦手な私も冷房を設定してしまいますが、推奨されている設定温度だと暑いので困ると言うのはありますね。

何せ私の普段住んでいる地域は夜になると20℃前後まで下がるので、東京の冷房の設定温度より寒い気温になるのです。

と言う感じで、なかなか変な気候設定で都内に滞在してしまうので長期滞在は難しいのですが、仕事などで行かなければならない時はしょうがないので、何とか耐えるしかない夏のある日の話でございます。

GWを満喫できる人は、週休二日祝日休みのサラリーマンだけ?

よく、テレビのニュース等々でゴールデンウィークは何連休か?なんて論争を繰り広げていたりしますが、これって結局週休二日で祝日休みのサラリーマンか小中高校生や大学生などの学生さんに向けられた話だと思うんですよ。

他の業種、特に接客業や販売業はこのGWは稼ぎ時!という事で、バイトも連休中は増やして臨んだりしているお店や観光施設が多いと思います。

また、週休制ではない、4日行ったら2日休みなどの交代制の勤務体制の工場などでは、GWなんかないよ!と言う人が結構居るので、世間一般全てが連休を満喫できるとは限らないのです。

では、連休中に働いている人は一体、どの辺で連休と同じような休みを取っているのか?と言うと、実際のところ取っていないというのが事実で、調整として年末か年始に交代制で休みを取る時にちょっと長めにとれるとか、有給休暇を多めに設定してあって、その都度休みたい時に休んでね方式になっていたりと、まとめてドサっと休みが取れる会社は少ないのです。

でも連休中にも頑張って、稼ぎ時だ!と言って働く人が居なければ、連休で遊びに来た人が楽しめないので、この辺は持ちつ持たれつと言うしかありません。

なので、テレビで連休の事をやたら報道していても、それは万人向けでは無く一部の人だけに向けられて発信されている情報だという事を、念頭に置いて見るとまた違った観点からGWを考える事ができると思いますので、ちょっと思い出したら考えてみてください。

うっかりチョコを貰っちゃったけど、お返しはエルメスのバッグ?

毎年世間を騒がせ、モテな男子の前にはチョコのニオイの風だけが吹きすさんだバレンタインデーですが、どうもクレクレ女子という悪質なチョコのばらまきが多発していたようです。

どうも、お金持っていそう(本当は持っていない)に見えるモテない男子にチョコをばら撒き、お返しに高級ブランドのバッグを要求するという言わばクレクレ詐欺とでも言いましょうかね。

最初は、普通にチョコを渡すんだそうです。

ただ、義理だけどという場合と本命として渡す場合と二通りありますが、普段から全くモテない男子からするとチョコを貰ったってだけで有頂天になっちゃって、それでお返しをしなきゃ!って言う使命感に燃えるその心を弄ぶんですね。

最初は、お返しなんかイイよーって引くんですが、モテない男子がお返しを!!と食い下がるとじゃあ、高級ブランドバッグを買って!って事になるようです。

または、もうあげた瞬間から要求するパターンもあるようで、本当浅ましいとしか言いようがありません。

しかも、お金がないからそんなバッグなんて買えないと拒否すると、じゃあチョコ返せ!とか色々罵声を浴びせて、終いには訴えてやる!とかナントカ脅してくるので、それで仕方なく借金して高級バッグを買う・・・・事になったという人が居たりするのです。

もし、今、既にこのクレクレ女子の魔の手にかかってしまって、ホワイトデーにはバッグを買って贈らなきゃなんない状況にあるという方は、速やかに警察に相談した方が良いです。

クレクレ女子は、買ってもらったバッグをすぐ質屋に入れて現金にしてしまうので贈るだけ損なので、絶対贈らないようにしましょう。

また友人や知人でもこういった要求をされたという人が居たら、絶対バッグを買わないように注意してください。

雪かきをしていて腰痛になり易い人は多分運動不足の人

実は昨日、家の前の道路の溶けていない所の雪かきしたんですが・・・既にかなり腰痛になってしまいました。

これは、普段の日の運動量が明らかに少ないという事になりますね。

若い人だったり普段からそれなりの運動量の人だったら、こんなちょっと30分程度雪かきした位で腰痛になるなんて事はなさそうですが、運動不足の出不精にはちょっとかなり体力を使う作業だった事は言うまでもないでしょう。

しかもこのての腰痛は、筋肉痛というか慢性的というか、とにかく後引くタイプの痛みなので、まぁどうせ数日経てば治るだろうとタカをくくっていると実は長期戦になってびっくりした!という感じになるので、できれば湿布を貼るなりなんなりしたほうが良いかも知れません。

また、まだまだ若いモンには負けられんとかナントカ言って、無理して頑張っても結局また痛くなるだけなので、足手まといになりたくなかったら素直に家で静養していたほがマシかも知れません。

私はサッサと家に引きこもりコタツでヌクヌクしている方向にしました。

結局、無理して頑張っても、自然に溶ける速度のほうには敵わないというか、いかに人力が非力かという事を思い知るので、雪かきは、特に豪雪という地域以外の人は、そんなに頑張らなくてもイイかも知れません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ