冬が長く夏が短い地域で生活していると冷房がキツく感じてしまいます

私の住む地域は冬が長くて夏が短い地域です。

1年のうち、夏はハッキリ言って6月中旬から~9月中旬までだと思っています。

これだと約3ヶ月しか夏っぽい気候が無い事になりますね。

春が4月~5月の2ヶ月で、秋は短くて9月中旬~10月いっぱいまでだとすると、11~3月までの丸々5ヶ月が冬と言う事になります。

この冬がですね、極寒なんですよね。

普通に朝の最低気温が-10℃とか行くので、寒い季節を耐える方が気が楽になっているのは確かです。

夏場の最低気温も、どんなに日中酷暑日の35℃な気温になっていたとしても20℃前後まで気温が下がるので、冷房を持っていないと言うお宅もまだまだ存在している位なのです。

そんな風に冷房に慣れていない地域の人が、うっかりと言うか用事で東京に赴いたりすると、色んな所と言うかありとあらゆるところでかなりキツい冷房がかかっているので、体調をよく崩してしまうんですよね。

特にキツいな~と感じるのがデパートの冷房で、冷房の吹き出し口の下に買いたいものが陳列されていたりすると、その下でしばらく悩まなければならなかったりして寒くなって来て、慌ててトイレに駆け込む!(お腹を壊してしまいます)と言う事が、幾度となく起きていますね。

なので、東京方面に出かける時で冷房のかかっている所に長時間いなければならない時はいつも、薄手の羽織を1枚持参して、それを着て滞在する様にしているのです。

多分東京に住んでいる人はこれ位の冷房は常時体感し続けているから慣れてしまっているのかも知れませんが、たまにしか冷房を浴びない人種の人にはかなりキツい修行の様に感じてならないのです。

ただ、夜になると凄い蒸し暑くて眠れないので、その時ばかりは冷房が苦手な私も冷房を設定してしまいますが、推奨されている設定温度だと暑いので困ると言うのはありますね。

何せ私の普段住んでいる地域は夜になると20℃前後まで下がるので、東京の冷房の設定温度より寒い気温になるのです。

と言う感じで、なかなか変な気候設定で都内に滞在してしまうので長期滞在は難しいのですが、仕事などで行かなければならない時はしょうがないので、何とか耐えるしかない夏のある日の話でございます。

リンパマッサージなど、マッサージケアをするなら

よく、リンパマッサージをして身体に滞っている老廃物を流してスッキリすると痩せやすいという話を聞きますが、実際問題リンパマッサージを毎日の様にやっている!という人は、一体どの部屋でやっていたりするんでしょうか?

っとその前に、やっぱりマッサージと言うからには、お肌の負担を少なくして滑りを良くするためのオイルを塗ったりするのが定番だと思いますが、室内でマッサージをするとなると毎回マッサージオイルを塗らなきゃならない訳で、しいて言うなら、それなりに質の良いマッサージオイルを使い続けるとなるとそれなりに費用もかさんだりはしませんかね?って思うんですが、どうなんでしょう?

と思ったら、何かスベスベするモノを毎日塗るけど費用が掛からないモノを連想したら、アレしか無い!と思ったのが、お風呂場で使う石鹸です。

思い立ったら吉日!という事で、早速お風呂場で身体を洗いながらマッサージする事にしましたよ。

身体を洗った泡を再利用するので、全く手間無し費用無しなので経済的でしかも全身をくまなくマッサージできるので室内でやるより効率的だと思いましたよ。

身体の末端指先から足の先からマッサージして行き、最終的にはリンパ節の一番大元となる鎖骨の下の方に流し込む感じでじっくりマッサージしていくのです。

が、思った事が一つありました。

石鹸でマッサージするとちょっと滑りが良すぎる?様な気がしたのです。

もっと、圧力をかけてじっくりマッサージしたい!と思ったんですが、石鹸の滑りが良いので圧力をかけずに滑りが良くなってしまうのです。

もう少し押し流しているかん満載でマッサージしていきたいんですが、石鹸では無理っぽいので一体何でやったらいいだろう?と思ったら、なんて事は無い、一番簡単なモノがそこにはありました。

そのまま、シャワーなどで身体全体をよく湿らせるだけでもマッサージしやすくなる事に気付きましたよ。

という事なら、最初は石鹸で身体全体をマッサージした後、2段階目ではお湯でじっくりマッサージをする事で老廃物を確実に流しきる!様にやっていけば、今までリンパの流れが滞っていた所為で起きていた弊害をスッキリさせる事が出来そうです。

と、そんな感じを得られたので、毎日、または2~3日置きにでもリンパマッサージをして、余計な物が身体に溜まりにくい身体にしていきましょう!

晩婚化の原因は両親にあった?

最近は晩婚化が進んでその結果、子供が生まれにくい、妊娠しにくい⇒少子化に拍車がかかっている様な状態になっている様です。

結局、健康的で丈夫な赤ちゃんを生もうと思ったら、初産でも30代前半までが限界なんですよ。

つまり結婚する年齢をもう少し早めた方がベストと言う事になるのです。

しかし、この晩婚化が進む背景、結婚になかなか踏み切れない心理状態を作り出している原因の一つに、その両親の結婚生活が良さそうに見えないと言う背景がある様です。

例えば、お母さんがいつもお父さんを邪険にしていて、日曜日ともなるとまるで粗大ごみの様な扱いをしている姿を毎回見て育ったら。とか、お父さんがいつもお母さんに暴力を振るっている姿を見て育ったら。とか。

そんな感じで、結婚生活に絶望を感じてしまった子供が成長して大人になって、さて結婚しましょうか!と思える相手が居たとしても、サクっと踏み切れる筈もありません。

もしかしたら自分も・・・・この人に暴力を振るわれるんじゃないか?と言う恐怖におびえながらの結婚生活を送る事になる位なら、結婚しない方がまだ幸せだ!とか言う考えんに至ってしまうのです。

なので、今!お子さんがまだ小学生~高校生位と言う方は、なるべく幸せそうな夫婦を演じてみてください。

普段は、子供が居ない所では仲が良く無くてもイイので、子供の前では仲良しでいてください。

そうすれば、彼等も大人になった時に、ウチの両親みたいに仲の良い夫婦になりたい!と言う願望の元、婚期を早めてくれるかも知れません。

GWを満喫できる人は、週休二日祝日休みのサラリーマンだけ?

よく、テレビのニュース等々でゴールデンウィークは何連休か?なんて論争を繰り広げていたりしますが、これって結局週休二日で祝日休みのサラリーマンか小中高校生や大学生などの学生さんに向けられた話だと思うんですよ。

他の業種、特に接客業や販売業はこのGWは稼ぎ時!という事で、バイトも連休中は増やして臨んだりしているお店や観光施設が多いと思います。

また、週休制ではない、4日行ったら2日休みなどの交代制の勤務体制の工場などでは、GWなんかないよ!と言う人が結構居るので、世間一般全てが連休を満喫できるとは限らないのです。

では、連休中に働いている人は一体、どの辺で連休と同じような休みを取っているのか?と言うと、実際のところ取っていないというのが事実で、調整として年末か年始に交代制で休みを取る時にちょっと長めにとれるとか、有給休暇を多めに設定してあって、その都度休みたい時に休んでね方式になっていたりと、まとめてドサっと休みが取れる会社は少ないのです。

でも連休中にも頑張って、稼ぎ時だ!と言って働く人が居なければ、連休で遊びに来た人が楽しめないので、この辺は持ちつ持たれつと言うしかありません。

なので、テレビで連休の事をやたら報道していても、それは万人向けでは無く一部の人だけに向けられて発信されている情報だという事を、念頭に置いて見るとまた違った観点からGWを考える事ができると思いますので、ちょっと思い出したら考えてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ